木曜日, 12月 9
Shadow

タグ: 髪色

看護師の髪色やおしゃれな色にする方法

看護師の髪色は、この色ではならないという決まりはありませんが、医療機関や企業によっては髪色が指定されている場合があります。規則で髪色が決められている場合は、その決まりに従って髪色を決めるようにしましょう。特に決められていない場合でも、なるべくなら暗めの髪色にしておいた方が無難です。 看護師は様々な年代の人と関わる機会が多く、中には高齢者の患者さんも多くいます。高齢者の人の中には髪色が明るいと不良っぽい、常識がないと考える人もいるのです。色々な考え方の患者さんと接することになるので、誰からも好まれるような暗めの色をチョイスしましょう。特に新人や転職したばかりの看護師は、良い印象を抱いてもらうためにも、髪色はしばらく暗めをキープしておきたいものです。 おしゃれのためにどうしても髪色を変えたい、自分らしい色にしたいときには、職場で浮かずにさり気なくおしゃれを楽しめる色にしましょう。ただの黒色ではなく、ちょっと色を混ぜるだけでニュアンスが出てきます。黒色に色を入れると、光が当たったときにキラッと光るので、よりおしゃれな雰囲気になるのです。 柔らかさを残しつつ、ヨーロッパ風のイメージにしたいときには、緑色やオリーブカラーを混ぜましょう。肌が白く見えて、清楚な印象にもなります。クールでしっかりとしたイメージに近付きたいときには、ブルーや紺がおすすめです。黒色に混ぜるともわかりにくいものの、おしゃれなニュアンスを取り入れられます。...